忍者ブログ

Slow Life

感謝して暮らす日々 Vol.2

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

満月騒動

昨日は中秋の名月。
『家族3人で初めてのお月見だ~*よし、お団子を作ろう!』
そう思って白玉粉を買ってきました。

しかし…!
夕方から、ののちゃんのハイパーグズグズが始まり、
オムツを換えても泣き、おっぱいをあげようとしても
『おっぱいはもういらない!』
と、のけぞって叫ぶように泣き、抱っこしてあやしても泣き続け、
お祝いに頂いた、ぐずる赤ちゃんに聴かせると必ず眠るというCDをかけても全く聞く耳を持たず。
そのうち泣き疲れて寝るかな~とベッドに寝かせて放置してみても、パワーは増すばかり。
あまりに泣き止まないので、さすがにこれはご近所に迷惑だわ…と、
窓を締め切って旦那さんが帰ってくるまで過ごしていました。

参った…。

ののちゃんが生まれてから初めてメソメソしました。

7時半頃帰ってきた旦那さんにののちゃんを任せると、
しばらくして落ち着いたのでした。

結局お団子を作る気力も月を愛でる心のゆとりもなく、
バタンキューな昨夜でした。

一晩経って冷静に考えてみると、満月じゃないですか…!
そう、赤ちゃんは満月の日にぐずる事が多いのです。
しかも夕方6時半が満月のピークだったそうで、
ののちゃんのグズグズのピークとぴったり合致。
納得です。

マクロビオティックでは満月の日は陰の力が一番強く働くと言われていて、その力に逆らわず、体もやや陰性にしておけば穏やかに過ごせるのです。
でも昨日の私は、色んな事を考えてしまって煮詰まっていました。
しかも珍しく私もののちゃんも便秘。
完全に陽性でした。
この時点で気付いて、体を緩めるやや陰性の物を食べれば良かったのに、気付かない程だから相当陽性過多になっていたようです。

赤ちゃんであるののちゃんは元々陽性なのに昨日は私の影響でもっともっと陽性になり、
満月の力に反発してしまい苦しかったのでしょう。
泣くという手段で発散していたわけです。
ごめんねののちゃん。

本当は私もワーッと泣きたかったんだと思います。
色々考えて昨日はイライラしたり悲しかったり不安を覚えたりしていたのに、
その気持ちに蓋をして元気そうに振る舞っていたのでした。
ののちゃんにはお見通しだったのね。
だから代わりに泣いてくれたのかな。
ありがとう、ののちゃん。

宇宙というか自然界と私たちは繋がって生きているんだなぁ…。
今の私とののちゃんは本当に一心同体なんだなぁと実感した満月騒動でした。

今朝はもうすっかり穏やかに過ごしています。

考えすぎず、ひとりで抱えすぎず、のんびりやろうと思います。

赤ちゃんは小さくて偉大な先生ですね。

PR

Comment

無題

  • こめっこ
  • URL
  • 2011-09-16 23:33
  • edit
すごーーい!マクロビでそんな事がわかるんですね!私が赤ちゃんを抱えている時は、ひたすらパニクッてました。そのうち、泣くのも仕事よね。。。。と諦めましたが。。。
月曜日は予約制ですか?行けそうなら、ふらっと行きたいと思ってます。

>こめっこさん

  • meg
  • 2011-09-17 16:36
  • edit
いやー、頭で分かっていても結局理想通りにはいかないものですー。とほほん

19日はご予約なしでふらりとお越し下さいませ~*
9:00~16:00の営業です。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

プロフィール

HN:
meg
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1985/01/11
職業:
古民家Cafe Slow Life 店長
趣味:
カメラを持って散歩すること
自己紹介:
自然と調和した暮らしを目指す
ゆるベジタリアン

肉や魚をさばけない調理師

2010年に18歳年上の旦那様と結婚

2011年7月長女出産

育児もカフェものんびり楽しく
・・・と思いつつ結構日々奮闘中

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新記事

最新コメント

[04/26 山本恵]
[04/18 田村恭永]
[10/01 ふじこ]
[08/30 meg]
[08/29 麦のわ]

バーコード

Copyright © Slow Life : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]