忍者ブログ

Slow Life

感謝して暮らす日々 Vol.2

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

根性なし母さん


近所の紫陽花寺にて

気がつけば、7月。
気がつけば、もうすぐののちゃんは2歳。
そして気がつけば、私は働くお母さん。

毎日楽しいので働いているつもりが無かったのですが、
『小さいお子さんがいるのに仕事してすごいですねー』なんて、よく言われるのです。
たしかに結構な長時間、ののちゃんをじーじばーばに預けて(まぁ1つ屋根の下ですけど)
やれ買出しだ、やれ仕込みだ、やれ営業だ、やれ片付けだ、とバタバタ動き回っています。
うーむ、ごめんよののちゃん。ごめんよ両親。

育児の役割分担なんて特に無く、さすがにおっぱいだけは私ですが、
おむつ換えやお風呂や散歩やその他諸々は、その時出来る人がやる。
本当に楽をさせてもらっています。

お母さんになったら強くなって、子どもの為なら何でも出来るかと思っていたのですが、
私に関して言えば、全然ダメダメっぷりは変わらず。
相変わらずの根性なしです。

この間、カフェに同じ産院で同じ月に出産されたお母さんがこられて、
『(産院が開催する)2歳のお誕生日会行きますか?』
と聞かれた時の事。
私『あ、行かないです~』
『そうですよね、お店されてるからお忙しいですよね~』
私『いや~そういうの苦手なんですよ~私が~』
『あ~私も苦手なんですけど、まぁこの子の為にと思って~』
私『あ~そういう我慢が出来ないんですよね~』
・・・と、ダメ母っぷりを披露してしまったという。
せっかくお友達になれそうなお母さんだったのになー。苦笑

そう、地元の児童館にも何度かは行ってみたのですが、やっぱり私は苦手で、
すごく疲れてしまうので、今は母がののちゃんを連れて行ってくれています。
(お喋り好きな母は、若いお母さんや児童館の先生とたくさんお喋りをして帰ってきます)

子どもの時から、そういう輪の中に入っていくのがものすごーく苦手で、
2歳~3歳ぐらいの時に行っていた英会話教室も無理で、
幼稚園もしょっちゅう登園拒否をして、
小学校も結構不登校児で、中学校もほとんど行かなかったのでした。
当時はまだ今ほど不登校児が多くなかったので随分心配されましたし、いろんな事を言われました。
両親にしてみれば、我が子が将来社会に出られないのでは・・・とか、まぁ色々悩んだと思います。
私も毎日が最悪で、明るい将来なんて描けなくて、いつも部屋にこもって泣いていました。

でも今となっては笑い話。
私はそんな自分の人生に満足していて、やりたくないことは無理してやらなくてもいいや~と、
開き直っています。
当時の私もそんな風に思えたら楽だったのになー。
そして今は本当に、好きなことだけして生きてるなー。
親しい人には『大変な仕事ですね』とよく言われるけれど、好きでやってる事なので、
全然辛くないです。
基本、毎日が楽しい。

我が子にしてみても、母親が自分のために我慢しているより、
好きな事をやって楽しそうにしている方が嬉しいはず。
と、本当に都合の良い事を思っている訳です。
我が子が一番大事な存在であることは変わりないのだから、それでいい。

オステオパシーごっこ

ののちゃんたら、最近すごくお喋りが上手になって、『おかあしゃーん!』と呼んでくれます。
日々色んな物の名前を覚えて、目を見張る成長っぷりです。
去年の今頃はまだ寝返りも打てなかったのに、今では走り回っています。
お店のお客さんにも可愛がってもらったり、イベントがあればどこでも一緒に行くので、
親に似ず、社交的な子になりそうです。

実はこのところ(いや、かなり前から)、貧血でしんどいので、
ついに『2歳になったらおっぱいバイバイね』と、約束をしています。
ののちゃんも心の準備をしている様子。
なかなか決断できなかったけれど、もう充分かなと。
7月24日、無事卒乳できますように。

ご機嫌さん
PR

Comment

無題

  • たけだ
  • 2013-07-01 13:47
  • edit
お久しぶりです!竹田です。去年の6月に、家族でカフェにお邪魔して以来、ご無沙汰しております。
マムさんで、2歳のお誕生日会はあるんですか?うち、案内が来ていないような。
ののちゃん大きくなりましたね。うちのふうかもお喋りが上手になって、今はアンパンマンに夢中です。
またお邪魔させてくださいね。

>たけださん

  • meg
  • 2013-07-05 06:26
  • edit
わ~お久しぶりです!
マムさんのお誕生日会の案内、実はうちもまだ来てません。笑
7月生まれの子が多いから(?)前半と後半で分けるのかも知れませんね~。
やっぱり女の子はお喋りが早いですね^^
ののちゃんもアンパンマン大好きです。
是非また遊びに来て下さいね~♪

人生の皮肉というか

  • ゆうま母
  • 2013-07-27 23:15
  • edit
本日はおじゃまいたしました〜。
貸切も時間もあったりで、こんな贅沢ってなかったです。

店主さんの日記、時々除きにきては、
心を柔らかくしてもらったり、
自分の中で閉じ込められていた青酸っぱい(なんて言葉はありませんが)ものを懐かしく感じたり、しています。

私ってどうやって今の自分になってるんだっけ…って感じたりしながら。

私は不登校だったわけではないのですが、
そういう状態になる子達の存在を、なんかどこか気にかかりながら、
でもそういう状態にならずに済んだ自分にどこか安心して、
人の輪の中にいても、違和感が払拭できない部分は時々ありながら、
そうやって大人になってきた気がします。

私の学生時代出会った恩師は、不登校への対応に携わる立場でありながら、
「学校に行かなきゃならないとは思わないんです」というような方でした。
先生という敬称で呼ばれることを嫌い、生徒に◯◯さんと呼んでくださいとお願いするような人でした。

スローライフを訪れた多くの友人が
「理想的な生活」「こんな家に住みたい」と口を揃えて憧れます。
彼女たちの殆どがきちんと学校に通ってきた方たちだと思われます。

私も「学校なんて行かなくてもいい」
と主張したいけど、
自分の立場とか、防衛(何からの防衛かはわからないけど)とかから、
きちんと声に出す勇気はないなと思います。

スローライフが多くの人を魅力してやまないのは、
店主さんのヒストリーにしっかりと裏打ちされてのことなんだろうな、となんとなく思いました。

とりとめもなくてすみませんでした(汗)。
色々考える機会をありがとうございました(^-^)

>ゆうま母さん

  • meg
  • 2013-07-28 06:34
  • edit
わああ、たくさんのお言葉をありがとうございます。
素敵な恩師に出会われたんですね、私もそんな先生に出会いたかったです。
でももう自分で自分を受け入れられたから良いのですが~。

学校は別に悪くないし、そこに馴染めない人も悪くないし、
ただ何でも向き不向きがある訳で、
行く事が憂鬱なのに無理をして行って、頭やお腹が痛くなるまで我慢しなくっても良いんじゃないか、
学校だけが正しい道で、他の生き方はおかしいって言うのが間違っていないかと思うんです。
好きな場所で安心して、のびのび育てばいい。
そう思ってくれる大人が増えたらいいなぁと思います。
自分が感じてきた違和感をそのまま子どもにも渡さないで、
少しでも良いものにして渡していけたら良いですよね。

当時『学校に行きたくない!』と泣いていたら、母に、
『お母さんだって、みんなだって、誰も好きで学校なんか行ってないのよ!みんなそれでも行ってるんだから、あなただけ行かないのはおかしいでしょ!』
と言われました。
みんな我慢して行っている?何のために?みんなが行くから自分も行く?
と、たくさんの違和感を覚えました。

『人に変な目で見られたくない、無難に暮らしたい』と思うのは当たり前だと思います。
だから、無理してきちんと声に出す必要はないです。
ただ、身の回りにそういう人(不登校児&その親)がいたら、
『それもありやで!』と、こっそりとでも言ってあげられたら良いんじゃないかなと思います。

こちらこそ、長々と失礼しました。
しかも結局まとまっていない散文で。汗
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

プロフィール

HN:
meg
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1985/01/11
職業:
古民家Cafe Slow Life 店長
趣味:
カメラを持って散歩すること
自己紹介:
自然と調和した暮らしを目指す
ゆるベジタリアン

肉や魚をさばけない調理師

2010年に18歳年上の旦那様と結婚

2011年7月長女出産

育児もカフェものんびり楽しく
・・・と思いつつ結構日々奮闘中

カウンター

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新記事

最新コメント

[04/26 山本恵]
[04/18 田村恭永]
[10/01 ふじこ]
[08/30 meg]
[08/29 麦のわ]

バーコード

Copyright © Slow Life : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]