忍者ブログ

Slow Life

感謝して暮らす日々 Vol.2

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近のブーム

手紙を書きたい。
手紙と言っても封書でなくて良い。
ハガキが良いのだ。
限られたスペースで、ちょこっと書いてサッと投函できるこの気軽さが良い。
お世辞にも美しいとは言えないへなちょこな字で、日々誰かに宛てて書いている。

何か特別に伝えなければいけないことがあるわけではない。
ただなんとなく様子伺いをしたり、『先日はありがとうございました』とお礼を述べたり。
もちろん、世の中の人はみんな私のように暇人ではないので、
必ずしもお返事を頂けるなんて、おこがましい期待はしていない。
出した本人は出した時点で満足しているので、反応が無くても良いのである。

しかし、旦那さんのお母さんにハガキを出すと、
すぐに素敵な絵手紙でお返事を頂けるのがやはりとても嬉しかったりもする。
この間は春を感じさせるイチゴが描かれていた。
私にはそんな絵心が無いので、自分で撮った写真を印刷したものや、
雑貨屋さんで買ったポストカードに書いて送る。

メールでも電話でもいいけれど、時間がたっぷりとある今は、
少し時間のかかる、手紙を書いて送るという行為が心地良いのかもしれない。
とにかく、今はそうすることが好きなのである。

しかし今悲しい事に、手元には80円切手しかない。
もちろん50円切手を買えば済む話だが、今はそれができない。
元気だし時間はあるので、郵便局に行くぐらい朝めし前だが、今行ってはいけないのだ。

何故かと言えば、来週まで待てばピーターラビットの切手が発売されるからだ。
ここまで言うと、まるでかなりのピーターラビットファンであるかのようだが、決してそうではない。
ただやはり、同じハガキでも、見慣れたカモ(?)の切手より、(もちろんカモも良いが)
愛らしいピーターラビットが鎮座する見慣れぬハガキが届いた方が、
受け取る側も少しぐらい嬉しいのではないかと勝手に思い込んでいるのである。

もちろん相手が女子でないと通用しない話なのだが。

お礼状以外は大概女子にしか手紙を出す事はないので、
やはり私にはピーターラビットが好都合なのである。
旦那さんのお母さんだって女子である。女子に歳は関係ないのである。

小憎い事にこの切手、発売日も3月3日桃の節句と、
完全に女子の心を鷲づかみにすべく待ち構えている。
そして私はまんまとその戦略にはまり、今こうして『手紙書きたい病』と闘いながら、
悶々としているのであった。


そんなどうでもいい理由で手紙を書けない鬱憤を晴らすべく(?)、
かなりくだらない話を、かなり真面目に書いてみたという。

そんな日もある。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

プロフィール

HN:
meg
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1985/01/11
職業:
古民家Cafe Slow Life 店長
趣味:
カメラを持って散歩すること
自己紹介:
自然と調和した暮らしを目指す
ゆるベジタリアン

肉や魚をさばけない調理師

2010年に18歳年上の旦那様と結婚

2011年7月長女出産

育児もカフェものんびり楽しく
・・・と思いつつ結構日々奮闘中

カウンター

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新記事

最新コメント

[04/26 山本恵]
[04/18 田村恭永]
[10/01 ふじこ]
[08/30 meg]
[08/29 麦のわ]

バーコード

Copyright © Slow Life : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]