忍者ブログ

Slow Life

感謝して暮らす日々 Vol.2

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

春を待つ

先週の日曜日引っ越してきました。
親戚のトラックを出してもらって大きな物だけ運び込み、
残りの物は毎日ちょこちょこと小さなラパンで運んでいます。
ののちゃんをおんぶして片付けに勤しむ毎日。
模様替えが趣味だったりするので結構楽しんでいます。

しかし昨日、引越し疲れというのか、環境の変化によるストレスなのか、
疲れているのに眠れなかったりして、ついに口唇ヘルペスが出てきてしまいました。
熱はまだ出ていませんが養生しなければ・・・。

1年5ヶ月だけだったのに、初めてふたりで暮らした家というのは、
やはり思い出が詰まっていて、いつの間にか愛着も沸いていて、
離れてみると喪失感があって、なんだかとっても寂しくなりました。
実家というのは一度出てしまうと、もう自分の家じゃないんだなぁと感じたり。

そんな私を尻目に、ののちゃんは心も体も柔軟で、
この家での新しい生活にすっと溶け込んでいます。
むしろ大好きなじいじとばあばとおいたんがいるので、以前よりご機嫌です。
この一週間ほどずっとおんぶだったので、さっき久しぶりにベビーカーに乗せたら、
背もたれにもたれずお座りが出来るようになっていてびっくり。
髪の毛も随分伸びて、前髪が目に入るようになってしまったので、
ちょっとだけ切ってあげました。
私が後ろを振り返ってメソメソ暮らしているうちにも、
我が子は前へ前へ上へ上へと成長しているのですね。

色々と課題はあるものの、良い方向に向かっている気がします。
暖かくなる頃には生活も落ち着いて、心も体ものびやかに暮らせるはず。
春が待ち遠しいなー。




PR

Comment

おつかれさまです~

  • まあこ
  • 2012-01-29 20:59
  • edit
引越お疲れ様でしたー!
お疲れでしょうからゆっくり休んでくださいねー☆
ののちゃんの髪の毛はついに目にかかるまでになりましたか!
琴音には無縁な話です~(笑)
おすわりののちゃんにも会いたいです♪

実家はほんと家を出てしまうと他人の家ですよね(^^;)
私もこの前帰って本当にそう思いました。

無題

  • みみっぺ
  • 2012-01-29 23:30
  • edit
お疲れ様です。

一度出てしまうと他人の家だ、と思うめぐちゃんは
外に出たことで、何かを得たからそう思うんです。
ってことは、成長してるってこと。

安心しててイイと思います。

新しい生活も、きっと沢山のモノを得られますよ!

無題

  • aki
  • 2012-01-30 18:46
  • edit
おじいちゃん、おばあちゃんとの暮らしは コドモにとって
豊かなものですよ。

ののちゃんは 豊かに育って幸せやね。

無題

  • meg
  • 2012-02-07 12:40
  • edit
>まあこさん
おかげさまでゴタゴタは落ち着いてきました~。
誕生日を祝ってもらってから、かれこれもう1ヵ月…!
ことちゃんもまたグンと成長してるんだろうなぁ*
また遊びに来てくださーい^^

>みみっぺさん
成長ですかー。してるのかなー、だといいなー。
では安心して新しい生活を楽しみたいと思います^^
ありがとうございます~*

>akiさん
本当、ののちゃんにとっては最高の環境だと思います。
豊かにのびやかに育って欲しいなぁ…*
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

プロフィール

HN:
meg
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1985/01/11
職業:
古民家Cafe Slow Life 店長
趣味:
カメラを持って散歩すること
自己紹介:
自然と調和した暮らしを目指す
ゆるベジタリアン

肉や魚をさばけない調理師

2010年に18歳年上の旦那様と結婚

2011年7月長女出産

育児もカフェものんびり楽しく
・・・と思いつつ結構日々奮闘中

カウンター

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新記事

最新コメント

[04/26 山本恵]
[04/18 田村恭永]
[10/01 ふじこ]
[08/30 meg]
[08/29 麦のわ]

バーコード

Copyright © Slow Life : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]